BLOG

ブログ

超水道月報(2022.1月号)

こんばんは、蜂八憲です。

2022年が始まりましたね! まだまだ寒さが続く今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 蜂八はだいたい元気です。

今月の超水道月報、まずはメインの話題から!

PIXIV FANBOX を更新しました!

 

担当はミタさんとすずめさん。新年一発目ということで、2021年の振り返り・2022年の抱負について、こぼれ話を交えて語ってくれました。お楽しみ頂ければ幸いです。


なお、有料版につきましては、記事制作の都合により2月中の公開とさせて頂きます。いつもお楽しみにして下さっている皆様には申し訳ございませんが、今しばらくお待ちくださいませ。

 

さてさて、ここからはよりディープに超水道メンバーの今月の動きを追ってみましょう。

れっつぷれいばっく!

登場人物

ミタヒツヒト

mitahitsuhito

超水道代表。兼シナリオ担当。代表作は「森川空のルール」「ghostpia」など。
大人になっても人生が続くことをとうとう理解してしまい、展望が危うい。

山本すずめ

yamamotosuzume

超水道のグラフィックデザイナー。各種プログラミングも。
超水道関連のイラストはだいたい担当。睡眠が危うい。

蜂八憲

hachiya ken

超水道のシナリオライター。プログラミングも行う。
代表作は「佐倉ユウナの上京」シリーズ。体重が危うい。

buchi

超水道のグラフィックデザイナー。
超水道最初期からのメンバー。公私問わず幾度となく修羅場を乗り越えてきた。
リアルが危うい。

目次

超水道月報(2021.12月号)

こんばんは、蜂八憲です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか? 蜂八はだいたい元気です。

というわけで2021年ラストの超水道月報、まずはメインの話題から!

Switch版『ghostpia』の新トレーラーと最新デモ動画を公開しました!

ghostpiaも参加しているインディーゲームレーベル「ヨカゼ」によるオンラインイベント、「ヨカゼナイト」にて、ghostpiaを紹介していただきました。情緒ある世界に浸れるようなインディゲームを集めた「ヨカゼ」レーベルの世界観を感じられる、素敵な配信となっておりますので是非ご覧くださいませ。

 

また、ヨカゼナイトで初公開いたしましたプロモーションムービーにつきまして、単体で超水道のYouTubeチャンネルにて公開いたしました。山本すずめによるアニメーションと、ghostpiaのエッセンスが詰まった濃密な2分間をご堪能ください。

 

そして、作品公式サイトも一新。新たなビジュアルとともに2022年を迎えます。こちらも併せてお楽しみ頂ければ幸いです。

 

大手ゲーム情報メディア『AUTOMATON』様にghostpiaを取り上げて頂きました。丁寧にご紹介くださり、誠にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

PIXIV FANBOX を更新しました!

今月は4本立て! ではでは順番に紹介させて頂きます。

ghostpiaをアプリ版・ブラウザ版の頃からご存知の方は、新トレーラーをご覧になって気付いた方も多いのではないでしょうか。そう、Switch版ghostpiaこと『ghostpia Season One』ではロゴもリニューアル。こうした一連の新規公開情報の舞台裏について、ミタ&すずめがアツく語ってくれました。

 

こちらも担当はミタ&すずめ。テーマは、ヨカゼナイトで公開した『ghostpia Season One』最新デモ動画について。Web版・アプリ版から技術的に進化した諸々、そして新規公開エピソードについても掘り下げてくれました。

『ghostpia Season One』は2022年中の配信を予定。皆様のお手元に最高の形でお届けできるよう、メンバー一同いっそう制作に励んで参ります。改めまして、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

さてさて、ここからはよりディープに超水道メンバーの今月の動きを追ってみましょう。

れっつぷれいばっく!

▼目次

超水道月報(2021.11月号)

こんばんは、蜂八憲です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか? 蜂八はだいたい元気です。

今月の超水道月報、まずはメインの話題から!

超水道は結成13周年を迎えました!

超水道も13歳になりました。中学1年生 ですね!……と考えると、感慨深いものがあります。

 

というわけで、アニバーサリーケーキを皆で頂きました。めっちゃお誕生日感ある。

 

 

改めまして、いつも応援ありがとうございます。

鋭意開発中であるSwitch版ghostpiaはもとより、これからも多くの作品を世に送り出すべく、各種制作に一層励んで参ります。

今後とも、超水道をどうぞ宜しくお願いいたします。

PIXIV FANBOX の記事公開日について

11月中の公開を予定しておりました超水道のPIXIV FANBOXですが、記事制作の都合により[12月4日]の公開とさせて頂きます。
いつもお楽しみにして下さっている皆様には申し訳ございませんが、今しばらくお待ちくださいませ。

 

さてさて、ここからはよりディープに超水道メンバーの今月の動きを追ってみましょう。

れっつぷれいばっく!

▼目次

超水道月報(2021.10月号)

こんばんは、蜂八憲です。

ぐっと寒くなってきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 蜂八はそこそこ元気です。

今月の超水道月報、まずはメインの話題から!

PIXIV FANBOXを更新しました!

こちらはテキスト記事になります。
今回は超水道の新兵器──録音機材の話。ノベルゲーム制作チーム、というイメージから「音」は遠いイメージがあるかもしれませんが、実のところ録音機材を使用する機会はそれなりにあるのです。それはたとえば現在制作中のghostpiaにて効果音を自作するときであったり、音声ベースの企画を催したり。(数年前に特別企画として配信した「超水道ラジオ」はいい例ですね)そうした諸々を担っていた機材も、いつの間にか年季モノになり、不調も目立ち始め……ということで、このたび新調したという次第です。なお、こちらの機材の購入資金は、皆様からのご支援金を充てさせて頂きました。改めまして、いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

 

こちらの担当はミタさん&すずめさん。
鋭意製作中である5話の未公開ラフをもとに、こぼれ話を語ってくれています。
お楽しみ頂ければ幸いです。

 

さてさて、ここからはよりディープに超水道メンバーの今月の動きを追ってみましょう。

れっつぷれいばっく!

▼目次

超水道月報(2021.9月号)

こんにちは。超水道のミタヒツヒトです。

今回は一年に一回くらい訪れる、ミタが月報をやる月となりました。
前半は比較的涼しかった九月、後半は何だか部屋の中がずっと暑いような状態でどうもサッパリしなかった印象なのですが、みなさまいかがでしょうか。

近況といたしましては、かなり前のめりに制作に勤しむ一カ月となりました。仕事の大波も比較的落ち着いてきたので制作に集中できたのではないかと思います。内部的にもghostpiaの開発のフェイズが移り変わってきたことを理由に新たな進捗管理と組織構造を模索したりと、かなり制作全般を視野の中央に据えた一カ月を送ることができました。

制作に励んでいるとものすごい速さで世間に疎くなってゆくので本日から東京ゲームショウが開催されているということを今日知ったしまつです。
東京ゲームショウと言えば、いつぞやのインディ枠参加の際は、ほんとうにお世話になりました。
四日もあったり立ちっぱなしだったり、なぜか凝ってやけにちゃんとしたブースを作ってしまったおかげで尋常じゃなく疲れた日々だったのですが、不思議とまたやりたいなという気持ちでおります。(今度は椅子を持っていきたいですが…!)
いろいろとうまく落ち着いて、早くリアルイベントに気兼ねなく参加できるようになることを願ってやみません。

さて、ということで、いつもの蜂八さんに倣いまして今月のツイートをキュレーションしていきましょう!

PIXIV FANBOXを更新しました!

 

9月26日、毎月恒例のPIXIV FANBOXを更新いたしました。
いつもPIXIV FANBOXの更新が月末になっていて月報とややこしかったので、これからは徐々に月の早いうちに更新したいね、という話をしております。

今回はすずめくんと二人でみなさんからのご質問に答えております。
動画形式も少しずつ慣れてきて安定的に収録できるようになってきたので、今までのものを見返しながら、より皆さんに喜んでいただけるFANBOXとできるように考えるターンかな、と思ったりしています。
 

こちらは有料記事ですね。

 


山本すずめと斑のグラフィッカーコンビによるイラスト談義。
登場回数の多い二人ですが、会話のレパートリーが途切れないのは流石ですね。
この二人の会話は、なんというか熟年夫婦のような安定感があって安心して聴けて、個人的には好きです。

そうそう。実を言うと超水道のPIXIV FANBOXも当初の目標を大いに上回るご支援/フォローをいただいておりまして、本当にありがとうございます。
興味を持ってくれる方はそんなにたくさんはいないかな?と思いつつ始めたところがあるのですが、思いの外たくさんの方にご興味を持っていただくことができ、それにちゃんと応えねば、と日々何をしようか考える日々です。迷走しすぎてApex Legendsの実況とか始めないようにしないといけないですね。

ということで、ここから超水道メンバーのよりディープなツイートを見てゆきましょう!

れっつぷれいばっく!

▼目次